ラ・セントラル

2008年1月初旬、移住の準備でバルセロナに滞在していたときのこと。

帰国日も近づいてきたので、帰りの飛行機の中で読む本を買おうと、散歩の途中で旧市街ラバル地区にある本屋へ。バルセロナ現代美術館のすぐ近く、中世の面影を残す石造りの壁が続く通りにLa Centoral del Raval ラ・セントラル・デル・ラバルです。

セントラルにはいくつかの支店があるのですが、このラバル店とマヨルカ通りにある本店は古い板張りの床が特徴。歩くたびに床がみしみし鳴るので、店内では自ずとゆっくり歩くようになってしまいます。そのせいか、一歩店の中に入ると違う時代にタイムスリップしたように、時間が経つのゆっくり感じられる空間です。

また、ラバル店は教会だった建物を改装して使用しているため、店内がくねくねとまがる迷路のような不思議な造りになっています。店内を通って別の通りに通り抜けられるようになっていて、裏口に面した部分はカフェ。それにしても、教会だった痕跡が残る壁が一面、書籍でぐるっと取り囲まれているのは、なんとも不思議な感じ。

正面入り口から入り、曲線を描く幅広い階段を上って2階へ。そっと床を踏みながらヒラ積みになった新刊を見ていると、一緒にいた友人が「ちょっとこれ!」。そこで目に飛び込んで来たのは、見覚えのあるタッチで描かれた軍服姿のチェ・ゲバラでした。この表紙はマヌ・チャオやラジオチャンゴのアートワークでお馴染みのワズニャクの手によるものなんですから、見覚えがあるのは当然のこと。

なんだなんだと手に取ってみると、著者はなんとラモン・チャオ。当時はまだラジオチャンゴJPには参加していなかったのですが、本家に時折掲載されるラモンの記事が大好きでした。これは買わないわけにはいかないだろうと、早速手にとりレジに向かいました。

ラバル店

ラ・セントラルは人文学系の本を中心に扱う書店で、エコバッグなどのオリジナルグッズも売っています。MACBA(バルセロナ現代美術館)など美術館に支店を出しているだけあって、写真集などアート系の品揃えも豊富。絵本や児童文学など子供向けの本もたくさんあるので、スペイン語を勉強中の方にもおすすめです。バルセロナ観光に疲れたら、カフェで一休みがてら立ち寄ってみたらいかがですか?。メトロはLiceuリセウもしくは Pl Catalunya プラサ・カタルーニャが最寄りです。

C/ Elisabets, 6 08001 Barcelona, España

Tel.: 00 34 902 884 990  Fax: 00 34 933 189 979

月−金:9.30 − 21.00  土 10.00 − 21.00

広告