– 今日(金曜日)の夕方、あなたのようになることを夢見ている約100人の生徒たちを前にすることになります。どんな助言をするつもりですか?

– 自分自身を磨くように言うだろうね。ジャーナリズムの学校に行ったからといって、自分を磨くことはできない。読書をしたり、演劇を観たり、いろいろな場所を訪れたり、音楽を聴いたりすることで、自分が磨かれていくんだよ。自分自身を育んでいかなければならない。そうすれば人生がチャンスと与えてくれるだろう。ところが、ジャーナリズムの学校は君を型にはめる。オーナーがシステムの一部を成しているものだから、そのシステムを支えるような方法で仕事をさせようとするんだ。それで君はシステムのために働くことになり、それに従わないとそこから追い出されるのさ。

-リシャルト・カプシチンスキ(訳注*ポーランド人ジャーナリスト)は、ジャーナリストになるためには、善人でなければならないと言いましたが、あなたはこの意見に同意しますか? それともジャーナリズムのジャングルの中で生き残っていくためには、この助言に従うのは自殺行為でしょうか?

– カプシチンスキのことは知っている。とても素晴らしい人物だった。しかし、この助言は(ジャーナリズムではなく)人生に当てはめるべきだろうね。例えば文学の中においてだ。私なら文学に当てはめるね。書くためには善人でければならない。善良でなければならないんだ。そしてジャーナリズムにおいては、ともかく倫理的な面が必要だ。例えば、私の息子マヌ。彼には倫理がある。そのことによって、マヌは現在の姿のマヌになっているのさ。彼はどこの政党にも入っていないし、イデオロギーも持っていない。だが、彼には倫理があるんだよ。そしてこれがあらゆることの役に立つ。倫理を持たなければいけないということだ。

– 今回の経済危機の最初の兆候が表れると、イグナシオ・ラモネはル・モンド・ディプロマティク上で、資本主義の死を告げました。私たちは祝杯を上げていいのでしょうか? それとも、そんなことでは楽観的過ぎると批判されるのでしょうか?

-資本主義は死に瀕している。だが、これから何が起ころうとしているのか。フランスにおいては大きな社会運動の動きがあるが、スペインの状況はフランスより酷いというのに、ここスペインには何もないね。いずれにしても何が起こるのであれば、それは一定の秩序の中で行われなければならない。資本主義の消滅の過程では、無秩序や混沌が引き起こされる可能性が非常に高い。しかし、それを望む者はいないだろうし、それが望ましいことなのかもわからないからね。だが、いずれにしても新たな物の考え方を獲得する必要があるだろう。人類の歴史の中で過去に行われたことを繰り返すことはできない。私たちは人類の歴史の歩みによって、これにたどり着いたのであって、今突然これが始まったわけではないからね。

– あなたは、カストロ兄弟ととても親しいそうですね。キューバはどこに向かっているのでしょうか?

– わからないな。君も知っているように私は親カストロ派だが、最近の動き(元外務大臣Felipe Pérez Roqueフェリペ・ペレス・ロケと元副議長Carlos Lageカルロス・ラヘをキューバの政局から外したこと)は過ちであると思っている。彼らは、今日権力を譲り受けるべき世代を豊かなものにしていたんだからね。誠実さや高潔さに欠けるという、ちょっとばかり醜悪な批判があったようだが、私はこれを信じていない。とはいっても、今のところキューバはこの50年間の世界において起こった最も素晴らしい出来事だ。

– ラテンアメリカにおいては、どんなモデルが用いられることになるのでしょうか? キューバかベネズエラ・モデルか? もっと穏健なブラジルやアルゼンチンのモデルか? それともコロンビアのような米国寄りのモデルでしょうか?

– ウリベは間もなく失脚するだろう。少し前に(コロンビアの)バランキーリャにいたんだが、そこで一緒だった人々はそう確信していたよ。南米大陸で最も完成しているモデルはベネズエラのものだ。続いて、ボリビア、エクアドル、そしてエル・サルバドル、パラグアイ…。この大陸は今まさに開かれつつある。

– これは2回目となる革命の試みですが、かつての経験から学んでいるのでしょうか?

– 間違いない。楽観主義がラテンアメリカにはある。ラテンアメリカにある豊かさが、世界に決定的なバランスを取り戻すだろう。例えば、チャベスはBanco del Sur(南の銀行)を作り出し、ラテンアメリカに共通の市場を作り出すことを計画している。そこに未来があるんだよ。(前編はこちら

2009年3月29日SUR紙掲載

この記事の原文はこちらです。

広告