イタリア人レポーターのジャンニ・ミナは、最も賞賛されているラテンアメリカ専門のジャーナリストの一人で、30年以上前からこの大陸を駆け回っている。私のもう二人の友人と並んで、真の意味でマスコミの生きた伝説だ。その友人とは、英国人リチャード・ゴット(1967年10月8日チェ・ゲバラが殺害された当日に、バジェグランデで彼の遺体を最初に見ることに成功した人物)もしくはリシャルト・カプチンスキ(チェと面識があり彼にインタビューをした人物。現在ワルシャワで特派員としてアメリカで過ごした20年に関しての文章を脱稿しようとしている)た。

先週ジャンニ・ミナは、新しいドキュメンタリー『チェ・ゲバラとの旅』の発表でパリにやってきた。ウォルター・サレス監督(ロバート・レッドフォード制作)の素晴らしい映画『モーターサイクル・ダイアリーズ』の撮影の舞台裏を描いてたものだ。去る9月から世界中で上映されているこの素敵な映画は、エルネスト・ゲバラとアルベルト・グラナドが医学部の学生だった1952年に、バイクで行った南米旅行について二人が書いた物語を映画化したものである。

これはピカレスク小説のようなトーンで大人になるための儀式を描いた作品だ。つまり、数々の喜劇的、悲劇的なエピソードを通じて、20世紀半ばのラテンアメリカにおいて人々が置かれていた悲惨な状況の発見を語っている。政治についてあからさまに語っている部分は少ないが、スキャンダラスなまでに不公正な現場を明らかにする。そして、この二人の若者に物事を変化させたいという欲求があること、そしてそれが革命という方法によるものだということが読み取れる。

アルベルト・グラナドは現在82歳。1961年からキューバに住んでおり、バイオテクノロジー研究に関して重要な役割を果たす研究所を率いた後に、定年退職したばかりだ。ジャンニ・ミナは、『モーターサイクルズ・ダイアリー』でウォルター・サレス監督の芸術アドバイザーを務め、グラナドを撮影に招待したのは彼のアイデアだ。撮影に参加したグラナドは、彼自身の役を演じる俳優(ロドリゴ・デ・ラ・セルナ)に演技について、そして監督には2冊の本には載っていないことを指示したり、さらに正確なものにしたりして、アドバイスを行った。

ついでにジャンニは、映画がどのように製作されたかというメイキング・オフとして、自分のドキュメンタリー作品の撮影を開始した。明確にしておかなければならないのは、『モーターサイクル・ダイアリーズ』は50年以上も前に二人の学生が様々な体験を生きたその場所、まったく同じ場所で撮影されたということだ。アルゼンチンのパタゴニア、テムコ、バルパライソ、チュキカマタ鉱山、リマ、ペルーのアマゾン地域イキトスのハンセン病患者用病院…。

ジャンニは当時の証人たちに何人も出会う。彼らは半世紀以上が経った現在でも、まだあの二人の若者のことを覚えていた。とても感動的な場面がいくつかある。ひとつはこうした人々が長い年月の後でグラナドと再開した初めての瞬間のことだ。彼がこうした瞬間を体験することができるなんて思ったこともなかったと言って、ユーモアを交えて「人生よ、ありがとう。こんなにたくさんのものを与えてくれて…」とビオレタ・パラを引用するところ。もうひとつはグラナドが、チェの役を演じた若いメキシコ人俳優ガエル・ガルシア・ベルナルに、チェの声がどんな風に独特だったかを説明するくだりだ。

証人の何人かはジャンニのカメラを前に、今まで知られていなかったエピソードを付け加える。例えば、ホセ・カルロス・マリアテギの友人のペルー人医師で、リマでエルネストとアルベルトが身を寄せたペッセ医師の息子が語ったようなエピソード。当時9歳だった彼は、二人の旅人が到着した日のことを覚えていた。『酷くお腹を空かせてやってきた。夕食の時間に私の母がスパゲッティの大皿をエルネストに差し出した。各自が好きなだけ取って、次の人に回すようにね。彼はその皿を目の前に置いたんだ。無意識の行動だったようだ。何も食べない日が続いて、茫然自失の状態だったんだろうね。そして、まるでそれが自分の皿のように、大皿から直接食べ始めたんだよ。猛獣のような食欲で…。』

2004.11.29  Un viaje con el Che

広告