スペインで「Indignados怒れる者たち」と名づけられた市民抗議運動が生まれたてから、すでに一年が経過しました(詳細はこちらの記事を参照ください)。この動きが15M運動として継続中なのはこのブログでお知らせしている通りです。その間、15Mにインスピレーションを受けた歌はいろいろ制作されているのですが、個人的になかなかピンと来るものがありませんでした。というのも、「怒れる者たち」を扱ったものはあっても、「怒り」そのものを歌ったものがなかったからです。

デモが平和的で楽しい雰囲気に包まれていたとしても、ユーモアたっぷりの抗議活動を行っていたとしても、15Mの核にあるのは憤慨です。そしてこの「やり場のない怒り」から生まれるエネルギーこそが、ここまでずっとこの運動を継続させてきました。というわけで、この「閉塞感と怒り」を直接表現した歌がないものかと思っていたら、やっぱりありました!

バルセロナのグループChocadelia Internacionalチョカデリア・インテルナショナルHARTE(アルテ)です。楽曲自体は15Mの直後に作られたようですが、完成したPVが最近出回り始めて目にしたという次第。一見してこれだと思いました。ノーカットの1ショットで撮影された映像も文句なしにカッコいい。

ちなみに、HARTEというタイトルは「うんざりした」という意味の形容詞HARTOと芸術や技術を意味する名詞ARTEから作った造語だとか。

アルテ-チョカデリア・インテルナショナル

俺はうんざりだ 新聞に テレビに

ラジオに 間違った情報を流すメディアに

歪められたニュースに 社会不安に

現実を変えることから チャンネルを変えることへ

俺はうんざりだ 自分が始めたわけでもない危機に

給料の上昇が止まらない銀行家に

世界秩序の奴隷でいることに

規則や権力機関を敬うことに

うんざりなんだ

4年に一回投票して後は黙りこむ民主主義に

王族のバカンス費用を払うことに

陛下と呼ばなければならない国王を持つことに

俺はうんざりだ PSOE社会労働党に PP国民党にも

俺はうんざりだ 権力が人々に与える影響に

うんざりなんだ ナショナリズムに

なによりも スペイン主義に

神のご加護で自由で偉大な一つのスペインに*

少年好きな司祭にも そうでない司祭にも

うんざりなんだ どんな宗教に対する狂信も

俺はうんざりだ 紙切れに依存することに

俺たちがそれに払ってる苦悩には意味がない

紙箱みたいな家の中で 家によって 家のために生きることに

誰かが自分のものにしたわずかな土地で

うんざりなんだ 第一世界とグローバリゼーションに

金銭が一国民の運命を支配するから

うんざりなんだ 何について情報提供するかを決める奴に

うんざりなんだ 音楽雑誌のスノビズムに

俺はうんざりだ メインストリームとアンダーグラウンドに

奴らはべらべらしゃべるだけ 俺はただ行動したいだけ

俺はうんざりだ チャンスを待つことに

やって来ないうちに 自分の力が衰えるのを見ることに

お返しできない頼みごとをすることに

負けることに 勝つことに 泣かないために笑うことに

うんざりなんだ 自分の原則と想像力に

この歌を書く以外には何もできないことに

俺はうんざりだ 無言の会話で叫ぶことに

うんざりなんだ システム上の敗北に

うんざりなんだ たった一人で世界と対峙してると感じることに

自己中心主義の最初の殉教者になることに

俺はうんざりだ 君と俺の間にある沈黙に

俺たちが愛と呼ぶひどく奇妙なゲームに

状況についていけないことに

どうしようもないまま 日々君に負けることに

俺は自分にうんざりだ 俺は君にうんざりだ

まだ若いといったって 俺はこうして生きることにうんざりなんだ

俺はうんざりだ 過去・未来・現在に

俺はうんざりすることにうんざりだ

俺は今の自分にうんざりだ

義務感から俺は言うんだ

俺たちならもっとマシにできるとはっきり大声で言うことにうんざりだと

*「一つの、偉大で、自由なスペイン。立ち上がれスペイン!!」というフランコ時代のスローガンから

広告