スペイン政府は銀行を救うために、6月25日EUに対して公式に最大620億ユーロの支援を要請しました。当初PP国民党政府は、国民がこの支援要請の影響を直接受けることはないと言っていたにもかかわらず、早速今月7月からガスと電気料金が値上がりが決まり、消費税の値上げも検討されているとか…。

こうした状況を受けて銀行に対する抗議活動が過熱しているのですが、銀行が重要なスポンサーのテレビには、ほとんど取り上げられることがありません。さらには、緊縮政策によって不況に突入し、ほとんどの分野の産業が不況に苦しんでスポンサーを撤退する中で、その隙間を埋めるように増加しているのが銀行のCM。銀行には公的資金の投入が必要なほどお金がないはずなんですが、マスメディアに対する銀行の影響力はさらに拡大中の模様です。

以前の記事でご紹介したチョカデリア・インテルナショナルが2003 年に発表した1stアルバム『Ranchory!!!』には、こんな楽曲が収録されています。

革命はテレビに映らない-チョカデリア・インテルナショナル

家にいたって何の役にも立たないさ 兄弟

スイッチを入れる コンセントを入れる 消す

そんなことは何の役にも立たない

テレビショッピングの広告を見ながら

明け方まで起きている必要はない

革命はテレビに映らないのだから

革命はテレビに映らない

革命はコマーシャルに中断されながら

君のソニーのモニターで四分割されて生中継されない

革命はイスラム向かって馬で走るアスナール*1の映像を

マティア・プラツのようなメガネに白髪の偽ジャーナリストたちの

コメントと共に君に提供したりない

革命はテレビに映らないのだから

革命は国立劇団の手で演劇化されることはない

ペネロペ・クルス アントニオ・バンデラス

リナ・モルガンのような俳優が演じることもない

革命は君の目にセクシーに映らないだろう

革命は君を20キロ痩せて見えるようにすることもない

革命は一日で君を有名にすることもない

革命はテレビに映らないのだから

革命は 複数殺人事件 ドラッグが原因の悲劇

サン・ルイス動物園のパンダの赤ちゃん誕生について

短いニュースの後で 中継が再開されることもない

革命はテレビに映らないのだから

サウンドトラックをアレハンドロ・サンツ

オレハ・デ・バン・ゴック ドーバー

エストパ*2が手がけることはなく

白痴のDJがリミックスしたものでもない

群集に発砲する軍隊の映像が

スローで繰り返されることもないだろう

群集に発砲する警察の映像が

スローで繰り返されることもないだろう

偉大な国際的計画の名目で

俺たちにズボンを下ろさせる

国連平和維持活動から派遣された人の映像もないだろう

革命はテレビに映らないのだから

評論家 政治家 専門家 弁護士…愚か者よ!

彼らはニュースに出るが 今から君はニュースの一部になる

なぜなら 革命は君が行うのだから 君だよ 君

もしかしたら 君たちのために他の誰かが行うのかもしれない

それでも 革命はテレビに映らない

テレビに映らない

テレビに映らない

革命は…もうここにある

*1 英首相ブレアとともに米大統領ブッシュのイラク戦争を支持したスペイン大統領

*2 アレハンドロ・サンツからエストパまではスペインで人気の歌手やグループ

ちなみにこれはGil Scott-Heronの『 The revolution will not be televised』のスペイン語カバーで、オリジナルはこちら。

広告