13OことCassolada Global世界一斉カセロラダ&デモ行進は、これといった問題もなく無事に終了。オルターメディアのDirectaによると参加者は約7500人とのことです。

バルセロナではLa Setmana D’Acció Global contra el Deutes債務に反対する世界行動週間として、10月5日から市民監査の先進国ブラジルとエクアドルからゲストを招いた勉強会など様々な企画が行われていて、今回のカセロラダ&デモはその中の一つでもありました。そのスローガンは「No devem, no paguem! 私たちの借金ではないから、払わない!」。

バルセロナの各地区からデモ隊が出発して、合流しながら18時にカタルーニャ広場を目指します。まずは、カタルーニャ広場でカセロラーダ。バルセロナの中心に音が鳴り響きます。

二匹のPIGSを発見しました。首相ラホイとカタルーニャ州大統領マス。『福祉国家」と書かれたノコギリを手にしたラホイの腕にはドイツの国旗。

そして、抗議活動にはかかせないパーカッション部隊。

この後デモ行進に出発。今日のルートはカタルーニャ広場を出発して、グラシア大通りを進み、Delegació del Govern州政府支所、カタルーニャ州の政権与党CiU集中と統一党本部前で抗議を行い、欧州連合本部を目指します。

欧州連合本部を目前にしたところで、デモ隊が足を止めたのがDeutsche Bankドイツ銀行。この建物はグラシアとディアゴナルという二つの大通りが交わるところにあるので、デモのためにこの二つの通りが完全に封鎖されました。

そして、いよいよ最終目的地EU欧州共同体本部へ向かって出発。

横道ではデモの人数の割には多すぎる州警察の車輛が待機中でしたが、デモ隊の移動に合せて動き始めました。

こうしてEU本部到着。

後ろに見えるのは、ガウディの代表的建築物の一つLa Pedrera石切り場ことカサ・ミラです。

EU本部がちょうどカサミラの向かいにあるので、まるでカサミラがデモ隊に包囲されたみたい。

最後の演説では不当債務に関してギリシャ、ポルトガルと共に闘っていくということが述べられました。こうして、無事に13O終了。

最後に、今回のマニフェストの冒頭部分をご紹介しておきます。

MANIFEST No devem, no paguem, de nosaltres depèn!―マニフェスト 私たちに借金ではないし、払わない、それは私たち次第だ!

ここ数ヶ月で危機と呼ばれるものが私たちの生活に与える衝撃は厳しさを増しているが、政治家階級はこの問題に対して行動する意思も能力も示していない。それだから、私たちは自分たちの政策を作成し、主導権を握り、彼らが危機と呼ぶこの巨大な詐欺を支える債務のメカニズムを暴き、そしてここに宣言する。

この債務は公的なものでも合法的なものでもない

債務危機は、欧州の民衆に深刻な影響を与え始めたのは2008年以降であるものの、北の国々だけにある世襲財産ではない。何十年も前から債務は 強奪と服従のメカニズムとして用いられ、国家から主権を剥奪して金融の奴隷とするための手段である。

人々の役に立つものであるはずの債務は、 その役割から遠く離れ、金融と民間企業の権力の利益への融資に当てられた。その利益は決して社会のものとはならなかった。にもかかわらず、その損失が社会のものになるだけではなく、実質的にはその全てが民衆の背中にのしかかっているのを私たちは目にしている。そう、私たちに!

私たちには『危機』(それは詐欺だ)について共同責任があり、それは私たちが身の丈以上の暮らしをしたからだと言われる。しかしながら、その責任は同じではないし、同じ必要性を満たすために生じたものでもなかった。つまり、家庭の負債は債務全体のたった20パーセントに過ぎず、主に主住居の取得(国家によって保障された憲法上の権利とされている)に当てられた。一方で、全債務の60パーセント以上が銀行と大企業(特に建設業)の責任であり、経済的利益を得る活動を行うために生じたものだ。事実は1パーセントが99パーセントの人々の身の丈を越える生活をしたことなのだ。そして、大量の立ち退き、労働や社会的権利、さらには市民的権利のカット。債権者の投資を回収するという病的な必要性を満たすために、市民に対する継続的な略奪である。あなたたちが賭けをして、あなたたちが負けたのだ。私たちに借金はないし、払わない。

民衆のためのサービスを促進するためではなく、この詐欺に責任がある人々の過ちのツケを払うために当てられた債務は不当な債務であり、市民によって支払われるべきではない。

広告