11月14日今日は、スペインとポルトガルの労働組合が共同でゼネストを呼びかけた史上初のイベリア半島ゼネストの日。朝からPiqueterosピケテロスと呼ばれる人たちが活動中です。ピケテロスとはPiqueteピケテを行う人たちのことで、Diccionario Manual de la Lengua Españolaという辞書には…

piquete (ピケテ)名詞

  1. ストが宣言されたときに通りを巡回して、労働を妨げるために特定の位置につく人々のグループ。
と定義されています。通常、労働組合が行っているのはPiquete Informativo情報提供ピケテと呼ばれ、仕事に行こうとしている人に行かないように説得したり、営業中の商店に店を閉めてストに参加するように説得する行為のこと。ピケテロスは組合の旗を持って笛やメガホンで大きな音をたて、ピケテ活動中であることをアピールしながら通りを巡回します。

ストに参加しないところは、ピケテロスが近づいてきたらすぐに店を閉められるように、シャッターを半開きにして営業します。

説得を行う情報提供ピケテはストの権利を定めた労働法に認められている合法な行為であるものの、同様にストの日に働く権利も認められているため、ストへの参加を強制するPiquete Coactivo強制的ピケテは違法行為になるとのこと。

(『Cómo es la labor de un piquete informativo』参照)

街の様子を見に中心部に行ってみると、ちょうど二大労組の一つCCOOのピケテロスがバルセロナ株式市場の前で抗議活動をしているところに遭遇。

ピケテロスが活動中のグラシア大通りは閑散としていて、いつもは観光客で一杯のZaraも閉まっています。

並びにある5つ星の超高級ホテル・マンダリンも、ご覧のとおり入り口を閉めています。ホテルも閉まるんですね。

ピケテロスの前進に合せて、グラシア大通りが封鎖されていきます。その後を追いかける州警察。

通りには乗り捨てられたバスが。

ストのときに公共交通機関は、通勤時間に合わせて朝6時半から9時半、夕方4時半から8時半まで最低限の運行を行い、それ以外の運行は行わないことになっています。この時はすでに11時を回っていたので、本来なら市バスの運行は中止されている時間帯。ということで、走っているバスがあると…

と、一斉に取り囲んで、人力でバスを止めてしまうんです。

そうこうしていると、ストに参加中のタクシー運転手たちがやってきて、自分たちの車で通りを封鎖してピケテロスに協力。

横断幕を広げてデモ行進をしながら通りを封鎖して行くグループもありました。

こうしたピケテロスの活動は夕方まで続きます。

広告