前回2010年より10,79ポイント高い69,57%という投票率を記録した11月25日カタルーニャ州選挙。独立問題で有権者の気をそらして、さらなる新自由主義政策推進のための絶対多数獲得というマス州大統領は脆くも破れ、得票数に表れているように結局のところCiUの一人負けで終わりました。さらには、一応筋金入りの独立派のERCが第二勢力になったことで、独立を巡る問題もうやむやにできなくなり、まさにCiUにとっては踏んだり蹴ったりの結果。前倒し選挙は完全な失敗でしたね。

ところで、今回の選挙で私が注目していたのが、『Ès l’hora del poble! 民衆の時だ!』をスローガンに初めて州選挙に出て3議席を獲得したCUP-Alternativa d’Esquerra もう一つの左派CUPです。

CUPとはCandidatura d’Unidtat Popular 人民連合の候補者の頭文字を取ったもので、その源流は1968年に「社会的解放なしの民族的解放はない」という前提から生まれた左派の独立主義にあります。1987年から市議選に候補者を立てるようになり、2003 年に初めて当選者を出しました。そして、昨年2011年の選挙で49議席から121議席に大躍進して注目を集めたのは記憶に新しいところ。

「私たちが望むのは希望やユートビア、そして人民連合に抱く記憶、つまりサルバドール・アジェンデのチリ、正義と自由で共同体を構築する可能性との繋がりを回復することだ」と語るバルセロナ県の候補者リストのトップDavid Fernandez ダビ・フェルナンデス。興味深いことに、この人民連合とはラテンアメリカの911、ピノチェトのクーデターに倒れたチリの大統領アジェンデの政党に由来していて、その政策の特徴は市民参加型市政、草の根活動や市民運動とのつながりにあります。

選挙キャンペーン中にダビ・フェルナンデスが繰り返したように、CUPは州議会の「トロイの木馬」となるのでしょうか? CUPについては、彼らの選挙戦も含めてもう少し掘り下げた記事を後日アップすることにして、今回は彼らの主張がよくわかる選挙キャンペーン・ビデオをご紹介して終わりにします。

私たちは 実現可能な現実を信じる夢想家

ユートピアこそが変革への唯一の動力だと確信している

私たちは 押し付けられている服従も放棄も受け入れない

彼らの政策にもニュースにも動じることはない

私たちは 恐れを失い 恐れを感じることもない

私たちは 常に挫折という文化に立ち向かっている

私たちが 欲しいのは鮮やかに彩られた生活で

退廃の灰色の生活ではない

私たちは 未来のない者だが 現在に動きを止められることはない

現在を抱き締めることを決意したから

私たちは 通りや広場を埋め尽くして未来を見つけた私たち

私たちは 政治家や銀行家の手中にある商品ではない

私たちは 空間やジェスチャー、微笑みを分かち合った

言葉と闘争 警棒と他の方法で発生した暴力

私たちは 寄り添い合ってそれを耐え忍んだ

私たちは 『まともな住居が欲しい』と叫び

それを達成すると自分自身に誓った

不当な法律に逆らい 立ち退きに抵抗する

私たちは  家でじっとしていないで 自分の目で見る

私たちは  質の高い公立の学校で自分たちの子供に教育を受けさせたい

私たちは 思想を植えつける教育も工場のような学校も信用しない

私たちは 文化が贅沢品でも消費財でもないことを知っている

私たちは 見せ物と化した社会が導く創造性の空白に対抗して創造する

私たちは 公的医療という命の希望だ

尊厳を持って老いていく権利

私たちは ビジネスではない

私たちは 地域や共同体を形作る全てのもの

私たちは 共有のものである私たち自身の暮らしを開発する

私たちは 全ての人々の市町村

私たちは プレカリアートと闘い まともな仕事を要求する

私たちは 解雇に反対して相互支援と自主運営を行う

私たちは 失業から抜け出したい全ての失業者

私たちは わずかな賃金の労働という奴隷制に飽き飽きしている

私たちは 知識は商品化されるべきではなく

きちんと評価して広めるべきだと理解している

大学は 民衆の手にある民衆のためのものでなければならない

私たちは 私たちの国土をその開発から生まれるお金よりも大切にしている

私たちは 代替案を考えている

私たちは 協力し合い 競い合うことはしない

私たちは 破壊と窃盗を行うマフィアのような人々を追い払う

私たちは 友好的だ

私たちは 無知や不信の壁が私たちを隔てることを望まない

私たちは 移民収容所や強制送還にうんざりしている

私たちは 過去とからやって来て変化を続ける私たちのアイデンティティ

私たちは 私たちの文化と言語に関わるもの

私たちは それぞれを語るカタルーニャ人

私たちは 私たちの在り方で完全な属領性

私たちは 言葉を信じ 空っぽであることをやめ

意味を取り戻さなければならないと考えている

私たちは 完全な独立 現実の独立

他の国家や資本、不正、債務、投機、戦争、社会的疎外の欧州からも遠く離れて

私たちは 民主主義を取り戻したい

集団的、直接的、参加的、能動的かつ包括的な物事の決め方を

私たちは 私たちの責任を委譲したくはない

私たちは 私たちの政治的行動を取り戻したい

誰にも白紙小切手を渡すようなことをせずに

私たちは 自己統治を可能にする共有の政治制度を築きたい

私たちは 彼らの制度に逆らい異議を唱えるために州議会に向かう

その制度は略奪的で自己中心的な秩序のためのものだから

私たちは労働者の伝統、民衆の反乱、そしてこちら側行われたものであれ、

向こう側で行われたものであれ、自主組織と断絶のプロセスの全てを受け継ぐ者だ

私たちは 創造と再創造のプロセス

それは変化を続けて移動し 増殖する

私たちは 私たちが実行し支持した行動一つ一つの結果から学ぶ

私たちは ひとつにまとまって

各々の地域や村を築くことができる空間を運営する時がきたと感じている

私たちは 今ある私たちであり 未来の私たちである

私たちは それ以上のものである

私たちは人民連合

そして、私たちは全てが欲しい

広告

カタルーニャ州選挙ーCUPの一撃” への1件のフィードバック

コメントは受け付けていません。