米国から世界に広がったフェミニズム運動me tooが、スペインにさほど影響を与えていない理由のひとつが、スペイン語圏では先行して国境を越えた強力なフェミニズム運動が存在していたこと。それが、3月8日のフェミニズム・ストライキのマニフェストの中でも言及されている【Ni una menos ニ・ウナ・メノスと呼ばれる運動です。

liniersniunamenos-300x300

「Ni una menos 」は、日本語に訳すと「もう一人も殺させない」とか「もうこれ以上の犠牲者はいらない」という意味で、2015年にアルゼンチンで生まれると、ラテンアメリカ諸国に広がり、さらにスペインやイタリアにも飛び火しました。「女性に対する性暴力との闘い」という点ではme tooと同じなのですが、異なるのはNi una menos の背景にはスペイン語の【Feminicidio】という言葉があり、この言葉の一般化のプロセスと切り離して成立しないこと。

スペイン語では【Genocidio(虐殺)】に女性を意味する形容詞【Feminino】を組み合わせた言葉が【Femicidio フェミシディオ】と【Feminicidio フェミニシディオ】と二種類あって、厳密にはそれぞれの意味も異なります。国による違いもあるので、本稿ではスペイン語王立アカデミー(通称RAE)に従うことにします。それによると…

Feminicidio フェミニシディオ:  性別が(女性であるという)理由による女性の殺害

スペインのフェミニスト・ストライキのマニフェストにも出てきた「フェミニシディオ(女性虐殺)」をRAEがスペイン語の正式な語彙として辞書に掲載したのは2014年に出た第23版からと、つい最近の話。このRAEの決定に大きな影響を与えたのが、34時間に一人の女性がフェミニシディオの犠牲者になっているアルゼンチンの女性たちでした。この経緯を簡単に振り返ってみましょう。

2008年にアルゼンチンの首都ブエノスアイレスにあるCasa del encuentroというNGOが、性別が理由の暴力によって女性が殺害されるという問題を可視化しようと動き始めました。この当時は男性パートナーによる女性の殺害は「Crimen Pasional(情熱の犯罪)」と呼ばれていました。ジェンダー暴力(Violencia de género)による冷酷な殺人をあたかも情熱的な愛情が原因であるかのように扱う呼び方に問題があると考えた彼女たちは、翌年2009年にフェミニシディオの研究機関を立ち上げます。

その後、2013年から2015年にかけて10代の若い女性が恋人や元恋人に殺害される事件が相次ぎ、ジェンダー暴力による殺人が深刻な社会問題として認識されていきます。そうした中で、事件をスキャンダラスに取り上げ、被害者やその家族のプライバシーを脅かす取材を行うマスメディア。その報道姿勢に対して、ジャーナリストなどマスメディアで働く女性たちが抗議の声を上げて「フェミニシディオ」という言葉の普及に力を入れていきます。

状況が大きく動いたのが2015年、14歳の少女が恋人だった16歳の少年に殺害される事件がきっかけでした。6月3日、一人の女性ジャーナリストの発案であるスローガン「Ni una menos 」を掲げて何万という人々が路上に出ると、ネットも#NiUnaMenosで埋め尽くされ、記録的な大規模抗議活動が起こりました。ここからNi una menosという名称の元で、女性に対する暴力の撲滅を目指す動きが生まれました。

そして、ウルグアイ、ペルー、メキシコなどのラテンアメリカ諸国、さらには、同じスペイン語圏のスペインや移民の歴史でアルゼンチンと繋がりの深いイタリアにも拡大。実は、スペインで「フェミニスト・ストライキ」は2014年頃から話題に上っていた計画だったのですが、2016年にNi una menosが女性のストを成功させたことから、一気に現実味を帯びたものになりました。

また、「魔女狩り」を「フェミニシディオ/女性虐殺」や「女性に対する暴力」の一例とみなす視点が生まれたことで、2010年にスペイン語訳が出版されていた米国のフェミニスト、シルビア・フェデリチの著作『キャリバンと魔女』が改めて注目されることにもなりました。フェデリチは2015年4月にブエノスアイレスの大学で「Mujeres y Reproduccion Social en el Capitalismo Contemporaneo(現代資本主義における女性と社会的再生産)」というテーマで講演を行っています。

『キャリバンと魔女』が原書が出版された米国よりも、スペイン語圏で大きな支持を集めているのは、この著作の中でイタリア出身のフェデリチがの中で女性に対する暴力の原因として【Patriarcado 父権主義】を大きく取り上げたからでしょう。日本では伝統と結びつけられている父権主義/家父長制イデオロギーを、スペイン語圏やイタリアの社会に植え付ける装置として機能してきたのがカトリック教会でした。

父権主義的な価値観が支配的な社会では、女性に対する暴力に対して犠牲者が声を上げてもその声は押しつぶされてしまいます。父権主義的な社会であることも、me tooがスペイン語圏で広まらない理由の一つで、裁判に訴えたところで、司法が加害者である男性に甘い判断を下すため、犠牲者の救済手段として機能しないのです。

こうした社会状況すべてに「もううんざりだ!」と、立ち上がったのがNi una menosでした。「フェミニシディオ」という言葉によって、女性に対する暴力は愛情のもつれといった個人レベルの問題ではなく、現行の社会のあり方が制度的に生み出す社会問題であるということを指摘し、社会全体を変革することで女性に対する暴力をなくそうとしています。現在のスペイン語圏のフェミニズムの課題は、何よりもまず、父権主義を倒すことなのです。

チリのアナ・テジュが2015年に発表した「反父権主義」

広告