国際旅団を探せ!

79年前の昨日1936年7月19日。フランコ将軍率いる反乱軍が2月に誕生した左派連立人民戦線政権に対して起こしたクーデターをスペインの人々が自らの手で阻止し、スペインは1939年4月1日まで続くことになる内戦に突入。ドイツのヒトラー政権とイタリアのムッソリーニ政権の支援を受けた反乱軍はファシズムを象徴する軍隊となり、ファシズムとの戦いに引きずり込まれた共和国を支援しようと、世界中からファシズム打倒を目指す人々がスペインに集結しました。こうした外国からの義勇兵による部隊がBrigades Inetrnacionales 国際旅団です。

国際旅団は、その存在については広く知られているものの、各方面から政治的に利用されてきたために、その実態とは異なるイメージが一人歩きしていました。例えば、国際旅団を扱った小説として最も有名なジョージ・オーウェル『カタロニア賛歌』は1938年に出版された初版は900部しか売れずに、冷戦下で左派によるソ連批判が評価されて1962年に再版されて各国語で広まったという経緯からわかるように米国に反ソ連キャンペーンの一部として利用された過去があります。また、スペインの保守派は「共産主義者の侵略からスペインを護った」というフランコ反乱軍側の正当性を主張するために、ソ連によるスペインへの内政干渉の証拠として国際旅団を位置づけてきました。 もっと読む

FREE OTEGI THEM ALLーバスクに和平を

バスク問題の平和的かつ民主的な解決を目指す国際的なキャンペーンFREE OTEGI THEM ALLが始まりました。

AO-MAPA-1024x711

3月24日、ミュージシャンのフェルミン・ムグルサがアルナルド・オテギの釈放とバスク人政治囚の帰還を求める共同宣言を欧州議会に提出しました。

署名人にはホセ・ペペ・ムヒカ(元ウルグアイ大統領。ツパマロス民族解放運動でのゲリラ活動で13年間服役)、フェルナンド・ルゴ(クーデターで失脚した元パラグアイ大統領)、ホセ・マヌエル・セラヤ(クーデターで失脚した元ホンジュラス大統領)、ノーベル平和賞ペレス・エスキベルやデズモンド・ツツ、米国のアンジェラ・デービス、スラボイ・ジジェク、タリク・アリなど24人が名を連ねています。 もっと読む

『メキシカン・スーツケース』の子供たち

1936年から1939年の間に撮影されたスペイン市民戦争の写真のネガを巡るドキュメンタリー映画『メキシカン・スーツケース<ロバート・キャパ>とスペイン内戦の真実』(トリーシャ・ジフ監督)が、現在日本で公開中のようですね。

ロバート・キャパゲルダ・タローデヴィッド・シーモアが撮影した約4500枚のネガの発見は、市民戦争の舞台となったスペインではまさに歴史的大事件でした。特にジョージ・オーウェルの『カタロニア讃歌』でよく知られているように、最後まで共和国側で闘ったカタルーニャでは発見当初から大きな関心が寄せらていました。 もっと読む

目覚めゆく広場-もう一つの世界は可能だ

アラブの春を皮切りに世界各地で大規模な市民の抗議活動が発生した2011年は、反グローバリゼーション運動に匹敵する規模で新自由主義に対する闘いが行われた年と位置づけられています。ということで、15M運動を振り返る第3回目は、反グローバリゼーション運動と15Mの関連についてまとめてみたいと思います。(第1回第2回もご覧くだださい)

まずは、反グローバリゼーション運動を簡単に振り返っておきます。前段階としてメキシコでのサパティスタ(EZLN)の蜂起(1994年1月1日)や、フランスでの金融取引への課税、いわゆるトービン税の創設を目的とする組織ATTACの誕生(1997年)などがありまずが、この動きが初めてメディアに登場するのは1999年11月30日のシアトルWTO世界貿易機関閣僚会議の開催に合わせて、世界各国から新自由主義グローバリゼーションに抗議する人々が集まり抗議活動を繰り広げました。警官隊と衝突する映像が世界中に配信され、シアトル暴動として知られることになります。ちなみに当時はクリントン政権でした。 もっと読む

目覚めゆく広場-アラブの春からOWSまで

前回に続いてもう少し15Mについて振り返っていきます。今回のテーマは「アラブの春とOWS(ウォール街を占拠せよ)」。

ドキュメンタリー『目覚めゆく広場-15M運動の一年』の原題『El Despertar de Les Places 』は直訳すると「広場の目覚め」という意味なのですが、広場を意味するカタルーニャ語の「Plaça」が複数形の「Places」となっているところがみそ。

そこには、バルセロナのカタルーニャ広場は一つの例であって、そこに集う人々を目覚めさせていく複数の広場があること、つまり広場の目覚めの連鎖があることが暗示されています。さらに具体的に言えば、アラブ世界によってスペインが目覚め、そのスペインがウォール街を目覚めさせたということが表現されているわけです。

この三つの動きの関連についてはすでによく知られているとは思いますが、スペインを軸にしたアラブの春→15M運動→OWSという流れについて、具体例を挙げながらまとめてみたいと思います。 もっと読む