国際旅団を探せ!

79年前の昨日1936年7月19日。フランコ将軍率いる反乱軍が2月に誕生した左派連立人民戦線政権に対して起こしたクーデターをスペインの人々が自らの手で阻止し、スペインは1939年4月1日まで続くことになる内戦に突入。ドイツのヒトラー政権とイタリアのムッソリーニ政権の支援を受けた反乱軍はファシズムを象徴する軍隊となり、ファシズムとの戦いに引きずり込まれた共和国を支援しようと、世界中からファシズム打倒を目指す人々がスペインに集結しました。こうした外国からの義勇兵による部隊がBrigades Inetrnacionales 国際旅団です。

国際旅団は、その存在については広く知られているものの、各方面から政治的に利用されてきたために、その実態とは異なるイメージが一人歩きしていました。例えば、国際旅団を扱った小説として最も有名なジョージ・オーウェル『カタロニア賛歌』は1938年に出版された初版は900部しか売れずに、冷戦下で左派によるソ連批判が評価されて1962年に再版されて各国語で広まったという経緯からわかるように米国に反ソ連キャンペーンの一部として利用された過去があります。また、スペインの保守派は「共産主義者の侵略からスペインを護った」というフランコ反乱軍側の正当性を主張するために、ソ連によるスペインへの内政干渉の証拠として国際旅団を位置づけてきました。 もっと読む

広告

『メキシカン・スーツケース』の子供たち

1936年から1939年の間に撮影されたスペイン市民戦争の写真のネガを巡るドキュメンタリー映画『メキシカン・スーツケース<ロバート・キャパ>とスペイン内戦の真実』(トリーシャ・ジフ監督)が、現在日本で公開中のようですね。

ロバート・キャパゲルダ・タローデヴィッド・シーモアが撮影した約4500枚のネガの発見は、市民戦争の舞台となったスペインではまさに歴史的大事件でした。特にジョージ・オーウェルの『カタロニア讃歌』でよく知られているように、最後まで共和国側で闘ったカタルーニャでは発見当初から大きな関心が寄せらていました。 もっと読む