14N―ゼネストを振り返って

11月 14日水曜日のイベリア半島ゼネストは、スペインにとっては今年二回目となるゼネストでした。『疑問の余地のない歴史的なスト』と胸を張る労働組合と『いつも通りの日だった』とコメントした政府。見解の差が大きいのはデモ参加者数に関しても同じ。マドリッドのデモ参加者を約100万人とする労組側に対して、中央政府の発表では3万5000人。上空からの写真を見る限りでは、さすがに3万5000ということはないと思うのですが…。

(『Nueva Tribuna』紙より)

発表者によってデモ参加者数に食い違いがあるのはいつものことですが、これがバルセロナではちょっとした問題になっています。デモ参加者数の発表が原因で二大労組CCOOとUGTがカタルーニャの中央政府代表に辞任を求めているのです( UGT のサイト参照)。デモ参加者数は労組約100万、市警察約11万、中央政府約5万人という数字。

(11月14日のグラシア通り。Kaos en la Redより)

その一方で、中央政府によると10月12日スペインの日に行われた反カタルーニャ独立・スペイン主義者集会の動員は6万5000人。私も現場まで行ってみたのですが、せいぜい会場となったカタルーニャ広場がいっぱいになる程度で、報道機関は約1万人としていました。

(10月12日のカタルーニャ広場)

1キロはあるグラシア大通りから人が溢れ、中心部では身動きがとれないほどだった14日のデモより多いということは、どう考えてもあり得ない…。今回の件で、PP国民党が発表する数字を自分たちに都合が良いように操作をしているのが明白になってしまいました。

このデモの報道を巡っては、カタルーニャの政権党CiUに対する疑念も噴出。というのも、9月11日のカタルーニャの日の独立支持デモのときにはたくさんあった上空からの写真が、今回のデモに関しては一枚もないのです。上の写真もグラシア大通りの高層階からのもの。ヘリコプターは1日中旋回していたので、意図的に撮らなかったか、隠しているのか…。

また、今回もデモ参加者と警察が衝突して、内務省によると逮捕者142人、負傷者74人。バルセロナだけでも30人の逮捕者が出ていて、デモといえば衝突というお決まりのパターンになっていますが、バルセロナには今回以上の参加者を集めたにもかかわらず、警察との衝突が一件もなかった大規模デモがありました。前述のカタルーニャの独立支持のデモで、約150万人を集めたと言われています。

14日のデモで警察と衝突したのは主要な労組が呼びかけたメインのデモではなくて、アナルコサンディカリズム系の労組OGTやCNT、15Mの流れを汲む市民の団体が組織したもの。

反資本主義を掲げるデモで、スペインの一部マスコミが過激派と呼ぶグループが暴徒化したような印象を与える報道もされています。ところが、以前の記事にも書いたとおり、9月11日にもCUPなどが中心となって反資本主義のデモは行われているのです。呼びかけ団体が違うとはいえ状況はほとんど同じで、唯一違うのは9月11日には州警察の姿がなかったこと。人々が溢れる通りには市警察が交通整理をするくらいでした。

今までかなりの数のデモを見てきましたが、一定の規模に達しているにもかかわらず州警察の姿を見なかったのはあれが初めて。なんだか「州警察のあるところに暴動あり」のように思えてきます。いずれにしても、デモに参加する人々の気持ちを政治的に利用する政治家たちには、いい加減うんざり。

そんなわけで、今回のデモ参加者数を政府はスペイン全土で80万人としていますが、どこまで信憑性のあるものやら。おまけに、ゼネストのときは基本的に交通機関がストップしていて、デモが行われる場所まで移動できない人もたくさんいるので、ゼネストの成果を計るためにもう少し信用できる数字を見てみましょう。

それは給与所得者の中のゼネスト参加人数。なぜなら、ゼネストに参加するとその1日分のお給料が月給から引かれ、社会保険の積み立ても1日分停止になります。このシステムによって、ゼネスト参加者数が一桁まできっちりわかるというわけ。CCOOの情報によると…

  • カタルーニャ―給与所得者 240万4179人の内 38万1652人が最低限のサービス提供のためにストに参加できないので、ストができる人数は202万2527人。171万9148人の参加で参加率85% 
  • スペイン全体―給与所得者 1423万1452人の内225万9446人が最低限のサービス提供のためにストに参加できないので、ストができる人数は1197万3699人。918万5383人の参加で参加率77%

スペインの人口約4720万人なので単純計算で約19%がストを行ったことになります。この方法だと自営業者、577万8100人の失業者や学生などはカウントされないので、実際にはもっと多くの人がストに参加したことになります。実はストを行う方法は「働かない」だけではないからです。

こちらの「市民のためのゼネストマニュアル」によると…

  • 働かない
  • 消費しない
  • ストの情報拡散に協力する
  • 0時から5分間電気を消す
  • スト実施中とわかるようにする
  • 公共サービスを利用しない
  • ストについて周囲の人々に知らせる
  • 銀行をボイコットする

と、仕事をしていない人も、いろいろな形でゼネストに参加できるようになっているのです。

そして、ゼネストというのは、労働法改正などが行われたときに撤回を求めるなど具体的な要求を掲げて行われるもの。今回も同様で、ゼネスト後に労組代が連名で首相ラホイに送った書簡は緊縮政策からの方向転換を求めた上で、こう締めくくられています。

あなたがそうした変化を進めることができる状態にないのであれば、少なくとも市民の保証人となる道を模索してください。なぜなら、あなた自身が一番良くご存知のように、あなたたちの選挙での勝利を可能にした市民が投票によって裏書きした選挙プログラムは、現在政府が実施しているプログラムは根本的に異なっているからです。それはあなた自身も認めていることです。市民に発言権を返して、私たちの民主主義の再評価に貢献して、政治や政治を行う政府機関に対する失望や懐疑主義が増大するのを回避してください。

大統領殿、国民投票を実施してください。あなたにはそうする権限があります。私たちの憲法は例外的な状況に対してこの手段を考慮したものになっており、今がそのときなのです。

というわけで、次の目標は国民投票!!すでに10月15日から労働組合含む150以上の民間組織からなるCumbre Social社会サミットが、緊縮政策に関する国民投票を求める署名活動を行っています。同時に経済学者ナバロ氏を筆頭に法律家や作家などが参加する委員会も発足しているので、今後は国民投票の実現に向けての動きが一段と加速していくと思われます。

カタルーニャの独立問題だけでなく、スペインでは選挙以外で国民が民主主義への参加する道として、国民投票が人々の大きな期待を集めています。

広告

14N―イベリア半島ゼネストに見るピケテロス

11月14日今日は、スペインとポルトガルの労働組合が共同でゼネストを呼びかけた史上初のイベリア半島ゼネストの日。朝からPiqueterosピケテロスと呼ばれる人たちが活動中です。ピケテロスとはPiqueteピケテを行う人たちのことで、Diccionario Manual de la Lengua Españolaという辞書には…

piquete (ピケテ)名詞

  1. ストが宣言されたときに通りを巡回して、労働を妨げるために特定の位置につく人々のグループ。
と定義されています。通常、労働組合が行っているのはPiquete Informativo情報提供ピケテと呼ばれ、仕事に行こうとしている人に行かないように説得したり、営業中の商店に店を閉めてストに参加するように説得する行為のこと。ピケテロスは組合の旗を持って笛やメガホンで大きな音をたて、ピケテ活動中であることをアピールしながら通りを巡回します。

ストに参加しないところは、ピケテロスが近づいてきたらすぐに店を閉められるように、シャッターを半開きにして営業します。

説得を行う情報提供ピケテはストの権利を定めた労働法に認められている合法な行為であるものの、同様にストの日に働く権利も認められているため、ストへの参加を強制するPiquete Coactivo強制的ピケテは違法行為になるとのこと。

(『Cómo es la labor de un piquete informativo』参照)

街の様子を見に中心部に行ってみると、ちょうど二大労組の一つCCOOのピケテロスがバルセロナ株式市場の前で抗議活動をしているところに遭遇。

ピケテロスが活動中のグラシア大通りは閑散としていて、いつもは観光客で一杯のZaraも閉まっています。

並びにある5つ星の超高級ホテル・マンダリンも、ご覧のとおり入り口を閉めています。ホテルも閉まるんですね。

ピケテロスの前進に合せて、グラシア大通りが封鎖されていきます。その後を追いかける州警察。

通りには乗り捨てられたバスが。

ストのときに公共交通機関は、通勤時間に合わせて朝6時半から9時半、夕方4時半から8時半まで最低限の運行を行い、それ以外の運行は行わないことになっています。この時はすでに11時を回っていたので、本来なら市バスの運行は中止されている時間帯。ということで、走っているバスがあると…

と、一斉に取り囲んで、人力でバスを止めてしまうんです。

そうこうしていると、ストに参加中のタクシー運転手たちがやってきて、自分たちの車で通りを封鎖してピケテロスに協力。

横断幕を広げてデモ行進をしながら通りを封鎖して行くグループもありました。

こうしたピケテロスの活動は夕方まで続きます。

15Mの大きな子供たち

先週末の10月27日土曜日、年金生活者のグループが州大統領マスとの面会を求めて、州庁舎の前で警備を行う州警察と小競り合いになりました。彼らはIaioflautaイヤヨフラウタ。15M運動から派生したグループの一つです。

この日は結成一周年記念を祝うデモを行った後で、市庁舎に向かい『99%のためのカタルーニャ共和国』を要求して、『市庁舎占拠を試みる』という抗議活動を行ったのです。これは、カタルーニャの人々の独立への思いを利用して権力維持を画策し、さらなる緊縮政策を進めようとしている政権政党CiUへの抗議でした。

El Diarioより)

日本語にすると「笛吹きじいさん」となる、この不思議な名前は「Iaio(おじいさん)」と「Flauta(笛)」からなる造語。その名付け親は、削減政策と民営化からなる新自由主義改革を推進していた元マドリッド州大統領エスペランサ・アギレでした。彼女が15M運動の参加者のことを、侮蔑を込めて「Perroflautaペロフラウタ」と呼んだことに憤慨した人々が、バルセロナで年金生活者からなるグループを結成、自ら『イヤヨフラウタ』を名乗って削減に対する抗議活動を開始したというのが、結成までのいきさつです。

この名前のもととなった「ペロフラウタ」とは、OKUPAオクパ(無断占拠)した空き家で共同生活するような、「反抗的」若者を示す言葉で、彼らが犬Perro(ペロ)を連れ通りで笛Flauta(フラウタ)を吹いて小銭を稼ぐことから、この名がつきました。ファッション的にはパンクス系とヒッピー系があるように思うのですが、だいたいこんな感じでしょうか。

(『君も政治家になろう!』ペロフラウタから政治家になった男の歌で、自分の利益しか考えてないと今の政治家を批判しています)

こうして生まれたイヤヨフラウタのデビューは2011年10月27日「人間のために役立つ経済」を求めて行ったサンタンデール銀行の占拠。この日に読み上げられたマニフェストは、こう始まっています。

私たちは息子や娘のために、より良い暮らしを求めて闘い、それを手に入れた世代だ。現在、私たちの息子たち、そして孫たちの未来が危機に瀕している。その名にふさわしい民主主義と社会正義を要求するため、銀行と共犯者の政治家に対する闘いにおいて、新世代の人々が示している社会の反応や突き上げを私たちは誇りに思っている。私たちは心でも、地域の集会でも、行動でも彼らとともにいる。奴らが彼らを「ペロフロウタ」呼んで、その勇気を傷つけたいなら、私たちのことを「イヤヨフラウタ」と呼べばいい。

それ以来、金融システムに抗議して株式市場を占拠したり、公共料金の値上げに抗議してバスを占拠したりと、今までに21もの抗議活動を行ってきました。この動きはスペイン国内に広がり、マドリッドやバレンシアなど計14のイヤヨフラウタが存在しているとか。デモでも欠かせない存在となり、メディアにも取り上げられています。

「私たちは自分たちを15Mの息子たちだと思っている。15Mはとても重要な意味を持つ自由の爆発で、私たちに再び倫理を注入してくれたんだ」と発起人の一人セレスティン。この番組が収録された日は労働法改正に抗議して経営者団体の本部を訪れるところで、参加者の一人は「自分たちは大変な思いをして労働者の権利を獲得してきて、現在年金生活ができている。少なくとも自分たちが手にしてきたのと同じ権利を、孫たちに残したい」と語っています。

El Diarioより)

フェイスブックで若いグループと交流し、ツイッターで抗議活動への参加を呼びかける、平均年齢70歳の大きな大きな15Mの子供たち。「99%のための世界」が実現するまで彼らの闘いは続きます! Visca els Iaioflautas!!

13O―私たちの借金ではない!

13OことCassolada Global世界一斉カセロラダ&デモ行進は、これといった問題もなく無事に終了。オルターメディアのDirectaによると参加者は約7500人とのことです。

バルセロナではLa Setmana D’Acció Global contra el Deutes債務に反対する世界行動週間として、10月5日から市民監査の先進国ブラジルとエクアドルからゲストを招いた勉強会など様々な企画が行われていて、今回のカセロラダ&デモはその中の一つでもありました。そのスローガンは「No devem, no paguem! 私たちの借金ではないから、払わない!」。

バルセロナの各地区からデモ隊が出発して、合流しながら18時にカタルーニャ広場を目指します。まずは、カタルーニャ広場でカセロラーダ。バルセロナの中心に音が鳴り響きます。

二匹のPIGSを発見しました。首相ラホイとカタルーニャ州大統領マス。『福祉国家」と書かれたノコギリを手にしたラホイの腕にはドイツの国旗。

そして、抗議活動にはかかせないパーカッション部隊。

この後デモ行進に出発。今日のルートはカタルーニャ広場を出発して、グラシア大通りを進み、Delegació del Govern州政府支所、カタルーニャ州の政権与党CiU集中と統一党本部前で抗議を行い、欧州連合本部を目指します。

欧州連合本部を目前にしたところで、デモ隊が足を止めたのがDeutsche Bankドイツ銀行。この建物はグラシアとディアゴナルという二つの大通りが交わるところにあるので、デモのためにこの二つの通りが完全に封鎖されました。

そして、いよいよ最終目的地EU欧州共同体本部へ向かって出発。

横道ではデモの人数の割には多すぎる州警察の車輛が待機中でしたが、デモ隊の移動に合せて動き始めました。

こうしてEU本部到着。

後ろに見えるのは、ガウディの代表的建築物の一つLa Pedrera石切り場ことカサ・ミラです。

EU本部がちょうどカサミラの向かいにあるので、まるでカサミラがデモ隊に包囲されたみたい。

最後の演説では不当債務に関してギリシャ、ポルトガルと共に闘っていくということが述べられました。こうして、無事に13O終了。

最後に、今回のマニフェストの冒頭部分をご紹介しておきます。

MANIFEST No devem, no paguem, de nosaltres depèn!―マニフェスト 私たちに借金ではないし、払わない、それは私たち次第だ!

ここ数ヶ月で危機と呼ばれるものが私たちの生活に与える衝撃は厳しさを増しているが、政治家階級はこの問題に対して行動する意思も能力も示していない。それだから、私たちは自分たちの政策を作成し、主導権を握り、彼らが危機と呼ぶこの巨大な詐欺を支える債務のメカニズムを暴き、そしてここに宣言する。

この債務は公的なものでも合法的なものでもない

債務危機は、欧州の民衆に深刻な影響を与え始めたのは2008年以降であるものの、北の国々だけにある世襲財産ではない。何十年も前から債務は 強奪と服従のメカニズムとして用いられ、国家から主権を剥奪して金融の奴隷とするための手段である。

人々の役に立つものであるはずの債務は、 その役割から遠く離れ、金融と民間企業の権力の利益への融資に当てられた。その利益は決して社会のものとはならなかった。にもかかわらず、その損失が社会のものになるだけではなく、実質的にはその全てが民衆の背中にのしかかっているのを私たちは目にしている。そう、私たちに!

私たちには『危機』(それは詐欺だ)について共同責任があり、それは私たちが身の丈以上の暮らしをしたからだと言われる。しかしながら、その責任は同じではないし、同じ必要性を満たすために生じたものでもなかった。つまり、家庭の負債は債務全体のたった20パーセントに過ぎず、主に主住居の取得(国家によって保障された憲法上の権利とされている)に当てられた。一方で、全債務の60パーセント以上が銀行と大企業(特に建設業)の責任であり、経済的利益を得る活動を行うために生じたものだ。事実は1パーセントが99パーセントの人々の身の丈を越える生活をしたことなのだ。そして、大量の立ち退き、労働や社会的権利、さらには市民的権利のカット。債権者の投資を回収するという病的な必要性を満たすために、市民に対する継続的な略奪である。あなたたちが賭けをして、あなたたちが負けたのだ。私たちに借金はないし、払わない。

民衆のためのサービスを促進するためではなく、この詐欺に責任がある人々の過ちのツケを払うために当てられた債務は不当な債務であり、市民によって支払われるべきではない。

29S –PIGSの反乱

昨日9月29日は「Los PIGS se rebelan, que se joda la Troika. No debemos, no pagamos−PIGSが反逆、くたばれTroika 私たちは借金していないし、払わない」というスローガンのもと、リスボン、ローマ、アテネ、マドリッドといわゆるPIGS各国の首都での抗議行動が呼びかけられていました。

マドリッドでは9月25日に続く国会包囲の抗議活動。25日の様子をまとめたこんな呼びかけビデオも制作されました。

まずは、ポルトガルのリズボンでコメルシオ広場がデモ参加者で埋め尽くされ…

@elindignado

数時間遅れて、マドリッドのネプチューノ広場も!!

(Directaより)

広場を埋め尽くしたスペインの人々の思いが詰まったマニフェストをご紹介しておきます。昨夜のネプチューン広場で読み上げられたものの全訳です。

Coordinadora #25sのマニフェスト

去る9月25日私たちは、トロイカと金融市場に乗っ取られた市民の主権を救い出すために、国会の包囲を呼びかけた。大部分の政党の同意と協力によって実施された占領だ。人々に恐怖を抱かせるための絶え間ない脅し、マスメディアによる操作や集中キャンペーンにもかかわらず、何万人という人々呼びかけに応えて、私たちに恐れておらず、団結していて、彼らが辞任して憲法改正手続きが開始されるまで止めるつもりはないことを、大きな声ではっきりと言った。

政府は殴打、工作、逮捕、無差別暴力、負傷者、あり得ないような警察隊の展開で私たちに応えた。しかしながら、それは敗北した。弾圧の映像は世界中を駆け巡り、私たちが示した組織力と伝達力によって、ラホイの国連訪問は完全に影に追いやられてしまった。25日の行為の合法性についての議論はまだ結論が出ておらず、現在スペイン社会はそれを話題にし、議論し、意見し、見解を持つ。私たちは大きな対話を始めた。そして、これこそが私たちが継続していきたいと考える道だ。

政府やマスメディアがどんなに私たちの要求を公の秩序の問題に転化しようとしても、権利を要求するために通りに出ることは政治を行うことであり、デモを行うことは政治を行うことであり、発言することは政治を行うことなのだ。

私たちは学び続けている。今日9月29日もうたくさんだと言い、ますます堪え難いものになりつつある現実にブレーキをかけることを望む何千人という人々で、通りは再び溢れた。さらに今日は私たちの兄弟姉妹、各国の議会を包囲しているポルトガル人、ギリシア人、イタリア人に付き添い、そして付き添われて外に出たのだ。豚 ( PIGS)は彼らであって、私たちは南欧だ。南欧のない欧州はありえない。

私たちは国会の包囲を続ける。社会運動が飛躍することを望み、市民の主権と力、つまり民主主義の回復を中心に据えたいと考えているからだ。この一年半の間に一体となること、集団として考え、行動することを学んだ。予想もしなかったような同盟を結びながら。街を占拠するありとあらゆる色の波。強制退去を阻止する近所の人たち、通りを封鎖する公務員…。今、私たちは複雑な経済や法律の概念を解読すること、自分たちと他の人々に気を配ること、もっと上手く伝えること、ネット上や広場における参加と議論の場や作業の場を運営することができる。権力の暴力的な愚かさを笑い飛ばすこと。それを前にしたとき、次第に私たちは逃走する代わりに耐え忍ぶようになった。私たちはかつての闘争の方法を拡大することを成し遂げ、下から近道なしに一歩一歩進めていきたいと考えるイニシアティブを実行してきた。少数の人々が決断する時代は終わったと私たちは信じているからだ。私たちから未来を奪おうとしている人々を前にして、私たちには私たちが望む社会を決めて構築するための手段もあるし集団の知性もあるからだ。私たちには必要なのは偽の仲介人ではなく、共同体の事項について全ての人々の政治的参加を積極的に促進する集団の資源と道具だからだ。

私たちは私たちを支配すると言う人々にNOを突きつけ、 彼らの借金を払えといった彼らの不公正な押しつけに私たちは服従せず、住居、教育、医療、雇用、民主主義への参加、年金といった集団の権利を護ると言うために国会の包囲を続けると言う。危機の責任者を処罰し、危機を誘発した放火魔たちが報酬を手にする代わりに裁かれるような訴訟を開始するために。

サパテロ政権もラホイ政権も私たちに耳を貸さなかった。どちらも絶対に実行しないと約束した措置を進めて、自分たちに投票した人々を裏切った。彼らは市民に従わず、それをする勇気も関心もない。ラホイ政権は私たちの役に立たないので、私たちはその辞任を要求する。

今日来年度国家の本予算案が提出された。この予算案は、市民が何の口出しもできずにPSOE社会労働党とPP国民党が行った憲法改正の結果である。この予算案は、共同体として危機から抜け出すことを可能にするために社会が必要とするものよりも、不当な債務の支払いにさらに多くの金額を向けている。この予算案は国民主権にとって、民主主義にとって恥ずべきものである。だからこそ、私たちはこれを阻止しなければならない。

私たちは国会で予算が審議されている新しい運動に訴えたいと思っている。私たちは彼らにNOと言うために、問いかけることない統治は終わったと言うためにこの先もここにいたいと思っている。

私たちはまた、犯罪扱いの停止、今だに拘束されている人々の解放、法治国家においては許されない措置によって侮辱され虐待された仲間たちが負わされた告発の撤回も要求する。そして、25日の警察の行動に関しての捜査を開始することを。

この数日間で、私たちにはできることがわかった。自らを組織すること、自分たちを伝えること、私たちのネットワークを使うこと、信用や冷静さ、集団の知性を吹き込むこと。だからこそ、私たちはあなたたちにCoordinadora25Sへの参加を提案する。ここマドリッドだけではなく、あらゆる場所で、このネットワークのあなたたち自身の結び目を組織すること、あなたたちが呼びかけを行う…など。彼らは私たちにもうわずかしか残っていない護るべきものを奪おうとしている。私たちはほとんど全てをこれから作り上げていかなければならない。

私たちに恐怖はない。

恥さらしな予算案。それを私たちは包囲する。

立ち去ってくれ。

もちろん、それは可能だ。