国際旅団を探せ!

79年前の昨日1936年7月19日。フランコ将軍率いる反乱軍が2月に誕生した左派連立人民戦線政権に対して起こしたクーデターをスペインの人々が自らの手で阻止し、スペインは1939年4月1日まで続くことになる内戦に突入。ドイツのヒトラー政権とイタリアのムッソリーニ政権の支援を受けた反乱軍はファシズムを象徴する軍隊となり、ファシズムとの戦いに引きずり込まれた共和国を支援しようと、世界中からファシズム打倒を目指す人々がスペインに集結しました。こうした外国からの義勇兵による部隊がBrigades Inetrnacionales 国際旅団です。

国際旅団は、その存在については広く知られているものの、各方面から政治的に利用されてきたために、その実態とは異なるイメージが一人歩きしていました。例えば、国際旅団を扱った小説として最も有名なジョージ・オーウェル『カタロニア賛歌』は1938年に出版された初版は900部しか売れずに、冷戦下で左派によるソ連批判が評価されて1962年に再版されて各国語で広まったという経緯からわかるように米国に反ソ連キャンペーンの一部として利用された過去があります。また、スペインの保守派は「共産主義者の侵略からスペインを護った」というフランコ反乱軍側の正当性を主張するために、ソ連によるスペインへの内政干渉の証拠として国際旅団を位置づけてきました。 もっと読む

広告

FREE OTEGI THEM ALLーバスクに和平を

バスク問題の平和的かつ民主的な解決を目指す国際的なキャンペーンFREE OTEGI THEM ALLが始まりました。

AO-MAPA-1024x711

3月24日、ミュージシャンのフェルミン・ムグルサがアルナルド・オテギの釈放とバスク人政治囚の帰還を求める共同宣言を欧州議会に提出しました。

署名人にはホセ・ペペ・ムヒカ(元ウルグアイ大統領。ツパマロス民族解放運動でのゲリラ活動で13年間服役)、フェルナンド・ルゴ(クーデターで失脚した元パラグアイ大統領)、ホセ・マヌエル・セラヤ(クーデターで失脚した元ホンジュラス大統領)、ノーベル平和賞ペレス・エスキベルやデズモンド・ツツ、米国のアンジェラ・デービス、スラボイ・ジジェク、タリク・アリなど24人が名を連ねています。 もっと読む

【11・30】HAY ALTERNATIVAS!もうひとつの道はある 出版記念BAR de ATTAC

今月末11月30日土曜日18時からおなじみの新宿三丁目カフェ・ラバンデリア『もうひとつの道はある:雇用と社会福祉のための提案』の出版記念イベントが開催されることになりました。

今回は翻訳者の一人として私も参加して、本書やスペインのATTACについてお話するとともに、原書の出版から2年がたった現在のスペインの状況も報告します。

このところ、欧州での右傾化やファシズムの高まりを指摘する報道を目にすることが多くなりました。そういった側面があることは否定しませんが、少なくともスペインにおいては反対方向への動きも活発になっています。

例えば、二大政党の一つPSOE労働社会党は、先週政策会議の後に「左への旋回」を宣言しました。これは、立ち退き問題に対処するために銀行所有下の空き住居の接収や、無収入者や社会手当受給者に対して最低限の水(100L/日)と電気(1400W/年)の無料提供を決めたアンダルシア州政府が実践しているように、明確な左派路線で支持が上昇しているIU連合左派から票を取り戻すためです。

また、ファシズムのような排外主義ではなく、連帯によって危機を乗り越える試みも増えています。こうした動きは、常々、ブログで記事にしようと思っているのですが、なかなか時間がとれないのが現状なので、この機会にまとめてご紹介しようと思っています。

以下、イベント紹介文を転載します。 もっと読む

『もうひとつの道はある:雇用と社会福祉のための提案』出版!

昨年の8月のスペインの経済学者トーレス氏の訪日に関連しての告知したATTAC JAPAN(首都圏)との計画がついに実現し、ナバロ、トーレス、ガルソンという三人の経済学者の共著『HAY ALTERNATIVAS-Propuestas para crear empleo y bienestar social en España』の邦訳『もうひとつの道はある:雇用と社会福祉のための提案が出版となりました。

bin1310101609480011

もうひとつの道はある:雇用と社会福祉のための提案

著者 ビセンス・ナバロ/ホアン・トーレス・ロペス/アルベルト・ガルソン・エスピノサ

新自由主義陣営の「オルタナティブはない」という主張に真っ向から反論して、「オルタナティブはある」ということを示すために書かれた本書は、大手マスメディアから完全に黙殺されたにもかかわらず、ネットや口コミで話題となり重版を重ねています。「経済のことをわかりやすく説明するのが経済学者の仕事」と言うガルソン氏の言葉通り、抽象的な経済論ではなく、実例を引き合いに出した具体的な話が中心であることが、幅広く読まれている理由の一つでしょう。現在書店には第12刷が並んでいますが、フリーのPDF版もあるので、実際の読者はその数倍となるはず。

本書の特徴は、経済学者による新自由主義批判であるということです。私は10年ほど前の反グローバリゼーション運動がきっかけで、反新自由主義的な視点に興味を持ったので、今までに目にしてきたものは「人間より経済を優先させるのは問題ではないか?」というようなモラルの面からの批判が中心でした。なので、本書を読んで一番驚いたのは、新自由主義は経済にとっても有害であるという指摘でした。つまり、新自由主義を擁護する際の常套文句「経済を良くするためだから仕方ない」という言い訳すら嘘!ということなのですから。

もっと読む

『メキシカン・スーツケース』の子供たち

1936年から1939年の間に撮影されたスペイン市民戦争の写真のネガを巡るドキュメンタリー映画『メキシカン・スーツケース<ロバート・キャパ>とスペイン内戦の真実』(トリーシャ・ジフ監督)が、現在日本で公開中のようですね。

ロバート・キャパゲルダ・タローデヴィッド・シーモアが撮影した約4500枚のネガの発見は、市民戦争の舞台となったスペインではまさに歴史的大事件でした。特にジョージ・オーウェルの『カタロニア讃歌』でよく知られているように、最後まで共和国側で闘ったカタルーニャでは発見当初から大きな関心が寄せらていました。 もっと読む