戦争、記憶、正義ーイグナシオ・ラモネ

LMd

今年の7月でスペイン市民戦争(1936〜1939年)の開始から丸80年となる。冷酷な20世紀において最も冷酷な紛争の一つだった。その紛争は情け容赦のない独裁によって、さらに40年という途方もなく長い期間に渡って引き延ばされた。そして、集団的記憶を真っ赤に燃えたぎるものとしてしまったのだ。今日においてもまだ何万というスペイン人が、共和国派であるというだけで裁判なしに銃殺され、国内のあちこちの道端に埋められている家族の遺体を掘り起こすことを禁じられている。最近の公のスペースの「脱フランコ化(訳注:フランコ体制に協力した人びとの名前を持つ通りや広場の名称を変更するという動き)」を巡る議論の激高ぶりが示したように、1978年の民主制の回復でさえも、人びとの気持ちを鎮めることはなかった…。

歴史記憶法(2007年)は、フランコ体制の犯罪がスペイン社会全体及び人道に対して犯されたと認めなかったために、戦争の深い傷跡を癒すことができなかった。そして、今日も血を流し続けている…。数年前にスペイン司法が、スペイン市民戦争中に起こった10万を越える共和国派の人びと(その遺体はまともな埋葬を受ける権利もなしに、名もない墓地に横たわっている)の失踪と、フランコ独裁体制下(1939〜1975年)において勝者側の家族に引き渡すため、刑務所の中で母親の手から奪われた3万人を越える子どもの運命に関する調査を2008年10月に開始したことで、判事バルタサル・ガルソンに制裁を加えたことを思い出しておこう。 もっと読む

広告

経済から世界を変える

先日、スペイン内戦に関するドキュメンタリー「Economia col·lectiva. L’última revolució d’Europa 共有経済ー欧州最後の革命」を見てきました。

内戦下で起こったアナキスト革命を扱ったもので、実際にどんな変革が行われたのかという革命の中身を詳しく説明しているのですが、これがとても興味深い。

内容をかい摘んで説明すると、1936年7月市民たちの逆襲でフランコ反乱軍にクーデターが失敗に終わると、権力が空白となった機会を利用してアナルコシンディカリズムの労働組合CNTが革命を開始。すでにCNTは5月10日の総会で革命実施を決議して準備を進めていたことから、革命への移行がスムーズに行われてアナキズム革命が始まります。

ここで実践されたのが、資本家を排除して生産手段を労働者の共有物とするEconomia col·lectiva 共有経済です。コミュニズムというとソ連のような国有に基づくものを思い浮かべますが、スペインで実践されたのはアナキズムから生まれた共有に基づくComunisme llibertari 解放主義コミュニズムでした。 もっと読む

ロルカ、ストラマー、ムグルサースペインにおける音楽とレジスタンス

GetInline8月27日にラバンデリアで行ったイベントの後で、映像のリストを知りたいというリクエストをたくさんいただいたので、当日流した映像をすべてアップします。

参加されなかった方のために一言説明を加えておくと、スペインにおいては「ファシズム=ナショナリズム」と理解されていることから、ナショナリズムを批判したことでフランコ派に目をつけられたロルカを出発点に、音楽を通じてファシズムとナショナリズム、さらには国家について考えるというのがイベントの目的でした。

当日は紹介した楽曲の歴史的、政治的な背景について説明を加えながら進行していったのですが、さすがに2時間近いトークの内容を文章に起こせなかったので、コメントは流れがわかるだけのものになっています。 もっと読む

国際旅団を探せ!

79年前の昨日1936年7月19日。フランコ将軍率いる反乱軍が2月に誕生した左派連立人民戦線政権に対して起こしたクーデターをスペインの人々が自らの手で阻止し、スペインは1939年4月1日まで続くことになる内戦に突入。ドイツのヒトラー政権とイタリアのムッソリーニ政権の支援を受けた反乱軍はファシズムを象徴する軍隊となり、ファシズムとの戦いに引きずり込まれた共和国を支援しようと、世界中からファシズム打倒を目指す人々がスペインに集結しました。こうした外国からの義勇兵による部隊がBrigades Inetrnacionales 国際旅団です。

国際旅団は、その存在については広く知られているものの、各方面から政治的に利用されてきたために、その実態とは異なるイメージが一人歩きしていました。例えば、国際旅団を扱った小説として最も有名なジョージ・オーウェル『カタロニア賛歌』は1938年に出版された初版は900部しか売れずに、冷戦下で左派によるソ連批判が評価されて1962年に再版されて各国語で広まったという経緯からわかるように米国に反ソ連キャンペーンの一部として利用された過去があります。また、スペインの保守派は「共産主義者の侵略からスペインを護った」というフランコ反乱軍側の正当性を主張するために、ソ連によるスペインへの内政干渉の証拠として国際旅団を位置づけてきました。 もっと読む

『メキシカン・スーツケース』の子供たち

1936年から1939年の間に撮影されたスペイン市民戦争の写真のネガを巡るドキュメンタリー映画『メキシカン・スーツケース<ロバート・キャパ>とスペイン内戦の真実』(トリーシャ・ジフ監督)が、現在日本で公開中のようですね。

ロバート・キャパゲルダ・タローデヴィッド・シーモアが撮影した約4500枚のネガの発見は、市民戦争の舞台となったスペインではまさに歴史的大事件でした。特にジョージ・オーウェルの『カタロニア讃歌』でよく知られているように、最後まで共和国側で闘ったカタルーニャでは発見当初から大きな関心が寄せらていました。 もっと読む